歯科、医療機器インプラント

 歯科、医療機器インプラント

インプラント治療に使用され、代表的と思われる医療機器を紹介しました。



(1)口腔内カメラ
治療前・後の様子を口腔カメラで撮影できます。
治療の様子を画像で直接確認できるため、安心できます。

(2)デジタルレントゲン
従来のフィルムを使用したレントゲン撮影に比べて人体に受ける放射線の量が1/10程度です。
わずか1、2分で画像が出来ます。
なお、健康保険が使えます。

(3)炭酸ガスレーザー
麻酔せずにレーザーを照射する事ができます。
また、痛みを少なくする事が出来ます。

(4)コンピューター制御 注射器
電動浸麻器:アナエジェクトとも言われています。
理想的な注入速度をコンピューターが自動的にコントロールするため、
痛みの少ない注射を実現できます。
注入時の痛みは殆どありません。

(5)口臭測定器 ブレストロン
口臭の原因となるVSCガス(揮発性硫黄化合物)を検知でき、約50秒で測定を完了できます。

(6) オートクレーブ
この器具は、全自動小型蒸気滅菌器です。
手術機器を完全滅菌できます。





当サイトでは、Implant歯科医院について紹介しました。
詳細は、リンクを辿り記事を参照願います。
尚、専門のサイトにおいて、内容の詳細を比較できるかもしれません。

(A) 費用項目について
<費用項目を紹介しました。
○検査費用
○人工歯根(インプラント)その物の費用と手術費
○歯冠部の費用
○メンテナンス(術後の、検診)費用等

(B) 価格、値段は?
費用項目について、需要と供給の関係を基に金額が決ります。
次の内容を参考に、価格の概要を紹介しました。
●サンプリング結果
●ネット上にある専門サイト
●ブログ情報など


(C) さいたま市
さいたま市は、ご存知のように4市の合併により、人口約120万都市となりました。
(2007年7月現在)
4市を含むImplant関連医院の数は、非常に多く、
新都心4km四方の歯科医院を代表としてサンプリングしました。
したがって、最良の選択が行われているかどうかは、判断できません。
他のサイトや医院に問い合わせ、ご判断願います。

(D) 埼玉県について
さいたま市を中心に、20km四方にある関連医院の調査方法を初歩のレベルで紹介しました。
さいたま市の記事(ページ)で用いた方法の応用です。

(E) インプラントici,itiとは
最近インプラントici,itiという言葉が使用されています。
「ici, iti」とは、何か? ネットから情報を引用し、解説しました。

(F) サンプリング歯科者
さいたま市のサンプリングデータを採取した歯科医院を紹介しました。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。